Gallery22

アイン / 1:8 / a-brand

ゲーム「Phantom -PHANTOM OF INFERNO-」より、ヒロインのアインです。元ネタは全然知らなかったのですが、造形に惚れて買いました。その後キャラクターを把握するためにゲームも買って、塗装前にはクリアしました(^^;)

gallery22/front

制作記はアインカテゴリーにまとめてありますので、よろしければご覧ください。製作途中の写真も見られます。

gallery22/up

アップの写真。髪の毛はドライブラシしたのですが、アップで見るとちょっと硬いですね。肉眼で見るとなかなか良い感じなのですが、この手法はアップには耐えません(^^;)

gallery22/side

横から。銃器は派手めにウェザリングしました。右手のコルト・ガバメントはスライドを短く加工しています。左手のG3ライフルはフロントサイトリアサイトをディティールアップしています。

gallery22/back

後方から。このキットはかなり前屈みです。ベースは付属していたのですが、小さくて不安定なので使いませんでした。

久々のから。ていうかこのキット、ほとんどパンツ丸出しです(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.30

セーラー服に墨入れして全体を組み立ててみたのですが、やはりベースは前後方向にかなり不安定で、ちょっとしたことで倒れてしまいます。作例のようにこのベースの下に更にベースをつけるというのも芸がないし、この付属のベース自体、デザイン的にそれほど格好いいとも思えないので、支柱のところだけ削り取って丸いベースに固定しました。色は悩んだ挙げ句に白。ちょっと手抜きっぽいけど良しとします(^^;)

というわけで完成。公開しました。製作期間は32日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.29

胸のリボンを赤で塗装。白ラインの部分をマスキングして塗装しました。続いてセーラー服のボタンを筆で塗りました。色は襟やスカートの色と同じです。このあと少し墨入れしようと思います。


リボン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.28-1

セーラー服の襟、袖と靴下のライン、スカートの塗装。色はレッドブラウン(XF-64)に白と黄色を少々です。下半身はこれで終わりなので接着しました。


下半身

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.27

昨日の前あきの部分、けっきょく白で塗りました。でも真っ白にすると逆に違和感が出そうなので控え目に。想像ですがこの制服、よくセーラー服の上にカーディガンを羽織ったりしますが、そういう感じで夏服の上に上着を着るような構造なのではないかという気がします。そうやって夏服と冬服でパーツを共用できるとしたら、かなり経済的かも?(笑)


セーラー服

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.26

セーラー服の本体色はメーカーの作例ではほとんど白ですが、実際にはクリーム色っぽい感じです。冬服ということもあるので、元ネタ以上に濃いめの色を意識しました。白っぽいから夏服に見えちゃうんですよね。具体的には白にレッドブラウン(XF-64)と黄色を混ぜた色です。濃さの違う2種類の色を作って吹き重ねました。

塗装後に気づいたのですが、こういう色にしたのなら前あきの中の部分(胸から腹にかけて)は白にすべきだったかもしれません。襟は白線を残すのでマスキングしたのですが、そこまで考えが及びませんでした。やはり中に肌着を着ているんですよね、これって。それとも二重構造なのか? う〜ん女性の服は分からん(^^;)

それにしても劇中にこんな着替え途中みたいなシチュエーションの戦闘シーンはなかったぞ。


セーラー服

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.25

セーラー服の塗装に入ります。まずは襟とリボンにある白線の部分を塗装。このあとマスキングして本体色を塗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.24

胴体と胸のリボンのサフ吹き。リボンは消した白線の部分の仕上げが悪かったので、やり直すことにしました。どうも瞬間接着剤で埋めたところは見逃しやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.23

左手のライフルの塗装。昨日の反省を元に今日はただの黒で塗装し、質感はウェザリングで表現することにしました。やはりこのくらいのスケールだとこっちのほうが断然リアルですね。

このライフル、H&KのG3ライフルの一種だそうです。(情報提供は遊びネコさん。Thanx!) 私自身、拳銃は好きなのですが、どうも長物にはうとくて、このライフルもモデルガンの類さえ生で見たことがありません。どこが金属でどこが非金属か分からなかったので、塗装は完全に適当です。

ちなみに昨日のガバメントは私のいちばん好きな銃で、実銃を撃ったこともあります(^^;) それにしても最近フィギュアばっかりなせいか、メカ作るのめちゃめちゃ楽しいです。戦車とか作りたい(笑)


ライフル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.04.22

銃の塗装。今日は右手のコルト・ガバメント。左手のライフルも一緒にやろうと思ったのですが、手のマスキングが意外と大変だったので片方ずつにしました。

本体の色は作例ではシルバーですが、ステンレスモデルは好みじゃないのでオーソドックスな黒にしました。色は黒に少量のシルバーを混ぜたものですが、このスケールだとメタリック塗料は粒子が粗すぎるので、入れないほうが良かったかもしれません。田宮アクリルのメタリックカラーは特に粗いような気がしますね。まあ、ラッカー系のメタリックを使ったのなんて10年以上前なので記憶が曖昧ですが(^^;)

グリップは木製にしたかったので、エナメル塗料のレッドブラウン(XF-64)を筆塗りしました。そのあと全体にウェザリングしました。ところでこの銃の造形、細かいところまで実銃にとても忠実に作られているのですが、よく見るとスライド右側面にイジェクションポートがありません。どっから排莢するんだぁ(笑) 塗装前に気づいていれば削ったのに…。


銃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧